09
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプーン

お題蹴り倒し企画参加なぅ。

第4弾のお題を蹴り倒そう企画の、お題が出ました。

タイトルの

『スプーン』

です。

今回は、甘い甘い感じでいきます。来月は、バレンタインなんで(苦笑)



「はい、コレ…。」
彼女は、僕に小さな紙包みを手渡す。
「今日は、バレンタインでしょ?」
彼女は、僕の手に紙包みをのせる。

彼女とのディナーを食べたあと、しっかりデザートも頂いた後なので、正直甘いモノが苦手な僕には食べれないかもしれないので、

「一緒にたべよっか?」
彼女を誘う。
彼女は、微笑んで
「生チョコなんだけど、器もチョコで出来てるからホットミルクでホットチョコにして飲んでみる?」
僕が、甘いモノが苦手なことを知っている彼女から提案があった。

「うん、そうだね。」
僕は応える。



紙包みを開いてみると、チョコで出来てる器が現れた。
「おっ、オシャレなチョコだね。」
ダイニングでホットミルクを作ってくれている彼女に声する。
「でしょ?一目惚れしたの…」
彼女は、ダイニングから応える。
付属のスプーンが付いていて、スプーンを片手に器を開けてみた。

スプーンで、生チョコをひとさじすくってみる。
二層になっている生チョコが現れた。
彼女が、ダイニングからマグカップに入ったホットミルクを持って、リビングにやって来る。
テーブルにマグカップを置いた彼女は、僕の手からスプーンを奪い取ると僕の方へ向ける。

照れながら僕は口を開けて一口食べる。
「コクがあるけど、結構甘いから沢山は食べれないけど美味しいな…。」
僕は応えて、彼女の手からスプーンを奪い取る。
そして、生チョコをひとさじすくって彼女に向ける。
彼女も照れながら口にする。

一つのスプーンで、二度甘い…。


甘い甘い一日が、もうすぐ終わろうとしている…。




どうでした?
実は、この話のチョコは実在のチョコです。(苦笑)
昨年、サビたんが旦那ちゃんにあげたチョコがモデルです。


ロイズチョコレートの生チョコ、プレシャスをモデルに作りました。


↓コレです。


関連記事
スポンサーサイト

comment

No title

かわいいな~。
たべたーーーい。
食べたいお!

なっかんは独り占めしちゃうかも。笑

そして、甘い甘いお話でしたね。ウフフ
いつまでもお幸せに~♪
Secret

プロフィール

サビたん

Author:サビたん
岡山県津山市で、なんちゃって看護師してるサビたんです。
地元、津山のコミュニティエフエム、えふえむ津山をこよなく愛してます。
そんな、サビたんのコミュニティブログです( ´ ▽ ` )ノ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。